埼玉県で引っ越すときリサイクルショップで古いパソコンを売った話

大学を卒業して就職するために埼玉県から他県へ引っ越すときに、大学進学のときに買ってもらったパソコンのOSもだんだんサポート対象期限が迫ったきたため、リサイクルショップで不用品処分することにしました。

持っていく前に、データはUSBのHDDにコピーしていたのですが、大学時代の忘れていた過去の記憶が思い出されて、ちょっと切なくなりました。

このパソコンももうすぐサポートされなくなるのだから引っ越しのついでに不用品処分するのはちょうど良いと思っていたのですが、なんとなく惜しい気もしてきました。しかし、引っ越し先の寮は広くはないし、使わなくなったパソコンを置いておいても仕方ないので、割り切ってリサイクルショップに運びました。

それまでリサイクルショップに行ったことがなかったので「パソコン リサイクルショップ」と検索して調べたら、埼玉県内の自宅から近い場所に3件ほどありました。 普段は意識していなかったけど、身近に3件もリサイクルショップがあるのにちょっと驚きましたが、友達は以前に中古PCを安く買ったお店がその中にあるらしく、そのお店は評判も良いようなので、そこに持っていくことにしました。

パソコンを運ぶときは友達に協力してもらい、パソコン本体とディスプレイとキーボードやマウスといった周辺機器やコード類を二人で分けて運びました。そのお店は中古パソコンを多く販売しているらしく、入店して買い取り用のカウンターに持っていくとすぐに店員がパソコンのチェックをしてくれて、査定をしてくれました。

もともと買ったときにはすでに型落ちのパソコンだったし、サポート終了期限も近いから下手をするとタダ同然で処分されるかもしれないと思いました。しかし、7千円ほどで買い取ってもらえて、思わぬ収入になりました。

結局、その買い取りでもらったお金は協力してもらった友達に食事をおごって大半は消えてしまいましたが、処分にお金がかかることを考えると、他の人にあのパソコンも使ってもらえるし、処分費用はかからないし、おまけにお金が入って良かったです。

コメント