赤味噌を活用して、アンチエイジングを実感

発酵食品が体にいいのはわかりますが、味が独特なものが多いため、今まで敬遠していました。

しかし、最近、積極的に発酵食品を食べている自分がいます。中でも私は豆みそを愛用しています。あ、ちなみに豆みそというのはですね、ほかの言い方ですと、赤みそのほうがしっくりくる方も多いかもしれませんね。これは地域によって言い方が変わるそうで、私が住んでいる地域では、豆みそ、というのが一般的なんですよね。なので、逆に最初赤みそという言葉を聞いたときは、何のことかわかりませんでした。

とまあ、少々話が脱線してしまいましたが、豆みそを愛用するようになってから、健康上に大きな効果を感じ取っています。中でもお肌の若返り効果はすごいものがあります。見るからにお肌の調子が上がっていて、自分で言うのもなんですが、5歳くらいは若返っている印象があります。ま、それまでの私は、実年齢よりも5歳くらい更けて見られることが多かったですからね。実年齢に近づいただけ、ということになりますが・・。いずれにしましても、赤みそで、お肌の調子がいい感じになっているわけですが、最近、これ以外に気づいたことがあります。

それは、傷が癒えるのが早くなった気がする、ということです。それまでは、ニキビができたりすると、なかなか治りませんでしたし、治ったとしても、しばらくは赤くなったり、跡がしつこく残っていたんですよね。それが今では、短時間でぱっと治るようになっていて、豆みその栄養効果をふんだんに実感しているところです。世の中にはいろんな健康食品がありますが、今の私にとっては、豆みそが一番のお勧め食品になります。

コメント