イギリス留学は私の人生における勇気になった

私は大学生の頃に、大学の斡旋でエクセターに海外留学をしました。

今となってはこの経験があったからこそ、自分に自信が持てるようになったと感謝している出来事です。

私が留学を決意したのは、とても不純な理由からでした。

当時、私は体育会系の部活に所属しており、部活を辞める理由が欲しくて、留学を決意したのです。

留学先の選び方ですが、私の場合は演劇やミュージカル等に興味があったのでイギリスを選びました。

最初はやはり理由が「逃げ」だったので、気持ちは前向きにはなりませんでした。しかし、今までのバイト代(50万円)を全て投資するんだから、何かを得て帰ってこよう、という気持ちで臨むことにしたのです。

現地に到着し、ホストファミリーに迎えに来てもらい、留学生活のスタート。私のホストファミリーはとても陽気で、優しくて、信頼できる家族でした。

一番の思い出は、地域のお祭りに参加したことです。そのお祭りではステージが用意されていて、舞台の上で様々な出し物が行われていました。そんな中、日本からの留学生ということで、物珍しいのか、ステージで歌ってみろと促されました。私は洋楽を全く知らないため、日本の歌を歌いました。すると、みんなが綺麗な歌声だと褒めてくれたのです。

その時、私もやればできると自信がついたんだと思います。

留学を終え、私は路上ミュージシャンとして活動を始めました。留学前の「逃げ」の姿勢から、「攻め」の姿勢に変わったと実感しています。

その結果、長年の夢であった、ライブハウスの出演やテレビ出演を実現できました。
私の人生を変えてくれた留学でした。

皆様にとっても大きな転機になりますように。

コメント