文系から理系に転向してイギリスの大学に進学

高校までずっと文系だったのに、急に理系に転向して大学進学を目指すことは日本ではなかなか難しいことです。そんな時検討してみてほしいのがイギリス留学。これは、文系から理系への転向をイギリスで実現させた私の体験談です。

イギリスの大学は日本の大学とは違い、学士過程の期間は3年間になります。しかし、日本の高等学校を卒業した場合は学士課程に入学する前に、準備課程で1年間勉強する必要があります。実は無駄に見えるこの準備課程があったからこそ、文系から理系にスムーズに転向できたのです。

準備課程では文系や理系、工学系などのコースでわかれていることがほとんどで、自分の目指している学士課程のコースをもとに準備課程を選びます。その時に、日本の高校で文系を選択していたから理系のコースには入れないといったようなことはなく、高等学校卒業資格と英語の条件さえ満たしていれば誰でも希望のコースに入れるのです。

しかも、英語の条件は学士課程に直接入学するよりも厳しくないため、語学学校で英語を勉強する費用も節約できます。準備課程で英語のレッスンもあるため、英語力に自信がない人でも安心。今まで文系だったのに理系の授業についていけるの?といったような声もありそうですが、準備課程では日本の大学1年生で勉強するような基礎科目を勉強するので、きちんと授業に出席し勉強していれば問題なくついていくことが可能です。そんな準備課程を経て、無事に理系のBiochemistryコースへ入学。自分のやりたかったことを勉強し、充実した大学生活を送っています。

準備課程と合わせて卒業までの期間は日本と同じ4年。唯一のデメリットは日本の大学よりも費用が高くなってしまうことですが、1年間日本の予備校に通うよりも、将来絶対に役立つ様々な経験を積むことができます。もし文系から理系への転向を考えていたら、この体験談を参考にイギリス留学を1つの選択肢として考えてみてほしいです。